パパ活の秘密

数万円の魅力パパ活経験者Aさんの話

昔パパ活をしていたという女性の話を聞く機会があったので、ここでその話の内容をご紹介したいと思います。
その女性Aさんがパパ活を始めたのは、学生時代の友達から誘われたことがキッカケだったそうです。

Aさんは当時コンビニでバイトをしており、時給は800円でした。
彼女はそのバイト代を特に不満と感じていたのではないのですが、友達はパパ活で一日数万円を稼いでいたそうです。
Aさんは友達の誘いに悩みました。
パパ活という行為への罪悪感はありましたが、そのために得られるお金の大きさは魅力的でした。
というのも当時のAさんの家庭の経済事情は決して良いものでなく、Aさんは親から小遣いをまったく貰っていませんでした。

自分が自由に使えるお金はすべてバイトで稼ぐしかなかったのです。
10代の女性というのはおしゃれやファッションに非常に興味のある頃、洋服やアクセサリーなどを自分で買うためにはお金が必要だったのです。
だから「とりあえず一度だけ」という思いでパパ活をやってみることにしたそうです。
実際にやってみると思った以上に罪悪感はなくなり、それとは逆に手にした数万円の魅力に捕らわれてしまったのです。
それからは、毎週のようにパパ活を行ないました。
最初は友達が紹介してくれた出会い系サイトを通じて男性を紹介してもらっていたそうです。
けれども、紹介してもらう際にマージンが必要だったりサイトに利用料を支払う必要があったことから、しばらくするとそれらがもったいないと感じて、男性と直にやり取りをすることにしました。

結局パパ活で稼いだ金額は、5年間で数百万円に上るそうです。
でも、彼女はもうパパ活をやめるといいます。
というのも、新しい恋人ができたからです。

その恋人とは結婚の約束をしていて、パパ活で手に入れたお金は新たに始まる生活の準備金にしたいと考えているそうです。
パパ活はいつまでもできるものでもありませんし、Aさんのように結婚を期に卒業するという女性がほとんどのようです。